インバウンドの歴史

海外から来た人に好まれるエリアって何処か分かりますか?観光に関する仕事をしていない限りなかなか知る機会がないですよね。 海外から来た人に好まれるエリアについてお話したいと思います。 その他に、海外の人から好まれるエリアについてもお話ししたいと思います。

一度は行ってみたい観光スポット

インバウンドは、明治45年にジャパンツーリストビューローができたことにより、スタートしました。
当時の資料によると、日本にきた外国人観光客は、2万人で、外国人観光客が日本で使ったお金は、1300円でした。
当時から2013年までの観光客数を考えると500倍に増えました。
昭和10年の後半になるまでは、飛行機ではなく客船で来日していました。
当時外国人が日本に来日した際に降り立った地域は「横浜」や「神戸」や「大阪」や「敦賀」や「長崎」や「室蘭」や「函館」や「門司」や「下関」や「」や「小樽」や「七尾」や「青森」や「唐津」や「厳原」などの港があります。
現在では、羽田空港や成田空港で、様々な外国人が降り立ちますが、多くの人が横浜と神戸と長崎にある港に降り立ちました。
このサイトでは、外国人に人気の絶景スポットや外国人が選ぶ変わった観光スポットや外国人におすすめの絶景や外国人お気に入りの裏観光名所や外国人に人気の冬レジャーや外国人がびっくりする日本の習慣など、初歩的な内容からマニアックな内容まで書かれている記事ですので、読んでみてくださいね。
知っている方は、改めて確認するつもりで読んでほしいなと思いますし、知らない方は、しっかりと確認しておきましょう。
たまたま、この記事を読んでいる方も、いざという時に役に立つかもしれませんので、覚えておきましょう。
読んでよかったと思えるような内容ばかりですので、読んでみる事をおすすめします。

おすすめリンク

格安スキーツアーの落とし穴

格安スキーツアーという言葉に踊らされてはいけません。しっかりチェックすべきポイントをご紹介します。

外国人におすすめの絶景スポット

突然ですが皆さんに質問です。 外国人におすすめの絶景スポットって何だと思いますか? 外国人におすすめの絶景ポイントについて分からないって方が多いと思いますので、詳しくお話ししたいと思います。 読んでみると新たな発見があるかもしれませんので確認しておきましょう。

あなたは知ってた?外国人に人気の冬レジャー

外国人が好む冬のレジャーって何だろうって疑問に思いますよね。 外国人が好む冬のレジャーや外国人がびっくりする日本の習慣について調べてみました。 万が一の時のためにしっかりと読んで覚えておく事をおすすめします。 事前に知っててよかったと思える時が来るかもしれません。

上へ